FC2ブログ

最強の5thホイールトレーラー誕生

こんにちは。

キャンピングトレーラーは運転は難しいものの、維持費の安さと他にはないユニークさで静かな人気を誇っています。
キャンピングカーの中ではマイナーな存在ですが、さらにマイナーな存在が5thホイールのキャンピングトレーラーです。

5thホイールトレーラーというのは、牽引車の荷台に装備された第五輪(5th ホイール)で牽引するトレーラーのことを指します。
以前の記事にてニートRV社が5thホイールトレーラーを販売するという記事を書きましたが、その続報となります。
そのため、5thホイールに関する情報はこちらをご参照ください。

全幅の関係でほんの数年前までは日本で走行可能なモデルはありませんでしたが、最近のキャンピングカーのコンパクト化ブームに乗って日本でも走行可能なモデルが増えてきました。

ということで、今回は米国では2019年仕様の最新の5thホイールトレーラーを紹介します。
ただし、定置仕様なので動き回ることはできません。。。

[最強の5thホイールトレーラー誕生]の続きを読む

小さなエアストリーム Basecamp

こんばんは。
夜遅い更新となってしまいました。

今回は小さなエアストリームということで、Basecampというモデルを紹介します。

まずエアストリームというメーカーですが、時計界でいうロレックスあたりに存在するメーカーです。
誰もが知っている、誰もが憧れるメーカーです。

歴史は古く、なんと1931年に最初のエアストリームは生まれています。
それから現在に至るまで、特徴的な流線形の美しいフォルムは変わっていません。

そしてエアストリームはアメリカで生まれたこともあり、基本的に大型で日本で運転するには適していません

以前紹介しましたが、エアストリームクラシックに至っては公道で運転することすら不可能です。

ですが、今回紹介するBasecampは日本でも快適に運転できるサイズとなっています。
それでは、紹介に移りたいと思います。

Basecamp外観

[小さなエアストリーム Basecamp]の続きを読む

キャンピングトレーラーでレース?

こんにちは。

今日はタイトルの通り、キャンピングトレーラーを使ったレースを紹介します。

非常にくだらないレースかもしれませんが、このレースから得られることもありますので、
そちらの方も紹介していきたいと思います。

チェッカーフラッグ

[キャンピングトレーラーでレース?]の続きを読む

可愛いキャンピングトレーラー  ビッグボール!

こんにちは。

キャンピングトレーラー は日本では珍しいものの、欧州や北米では比較的メジャーなカテゴリーに入ります。
そういったトレーラーは牽引免許が必要なモデルと必要ないモデルがあります。この境界線は何かというと、キャンピングトレーラーの車両重量です。

車両重量が750kgを超えると牽引免許が必要で、それ以下であれば牽引免許は必要ありません。
牽引免許が必要なキャンピングトレーラーは内装が豪華で、なおかつ広いです。
が、国内の道路事情を考えるとサイズがコンパクトで牽引免許の必要のない750kg以下のモデルが人気です。

今回は牽引免許の必要ないキャンピングトレーラーの中でも抜群の可愛さを誇るモデルを紹介しようと思います。

[可愛いキャンピングトレーラー  ビッグボール!]の続きを読む

待望のフィフスホイールトレーラー ミニープラスフィフスホイール!

こんばんは

前回の記事では、フィフスホイールのキャンピングトレーラー について書きました。

その際、国内で、中古ではなく新品でフィフスホイールのキャンピングトレーラー が購入できるという内容を書きました。

そのキャンピングトレーラー が、今回紹介するミニープラスフィフスホイールです!

Minnie Plus 5th 27RLTS

[待望のフィフスホイールトレーラー ミニープラスフィフスホイール!]の続きを読む

ついに登場、5thホイール!

こんばんは。

キャンピングカーをあまり知らない方にとって、キャンピングカーというとキャブコンが頭に浮かぶと思います。
ですが、キャンピングカーにはトラックをベースとしたキャブコンのほか、ハイエースのようなバンをベースとしたバンコン、軽自動車をベースとした軽キャン、バスをベースとしたバスコンなどがあります。

これらのキャンピングカーは自走式といわれるもので、車両自体がキャンピングカーとなっています。
じゃあ自走式以外に何があるの?と思う方、キャンピングトレーラーというものがあるのです。

カトーモーター トレーラー2
キャンピングトレーラー (カトーモーターより引用しました)

つまり、乗用車にキャンピングトレーラーを牽引させて使います。キャンピングトレーラーはあくまでトレーラーですのでエンジンはついていません。

さて、本題に戻りたいと思います。
今回紹介するのはキャンピングトレーラーの中でも国内でほとんど販売されておらず、そして走行していないと考えられる5thトレーラー(フィフストレーラー)になります。

Minnie Plus 5th 27RLTS
ニートRVから引用しました

[ついに登場、5thホイール!]の続きを読む

自分だけのキャンピングトレーラー

こんにちは。

キャンピングトレーラーは普通車(ヘッド車)で牽引することによって使うキャンピングカーの一つです。
詳しくはこちらにキャンピングトレーラーについて詳しく書いたので参考にしてください。

さて、キャンピングトレーラーは通常のキャンピングカーとは異なり選択肢が狭いです。また、キャンピングトレーラーはほとんど全てが輸入車であるため、国内で使うには不便なモデルが多いということも確かです。例えば、牽引免許なしで使うことのできるトレーラーはありますが、牽引免許が必要なトレーラーと比べて種類がとても少ないです。

また、サイズの小さなトレーラーであっても、実はLPガス仕様であったり(個人的にはLPガスでもOKですが、それを避けたい人は多いです)、内装がしょぼかったりします。特に、牽引免許のいらないトレーラーはトレーラーの中では主流ではないので内装のデザインがシンプル過ぎることが多いです。牽引免許の必要な大きなトレーラーは内装が豪華で、これは自分の家よりも豪華かもしれないと思ってしまうほどデザインが洗練されています。

このように、選択肢が少ないキャンピングトレーラーの中で自分の思った通りのトレーラーを見つけるというのは人によっては難しいです。
そこで、今回はなんとオーダーできるキャンピングトレーラーを紹介したいと思います。カトーモーター トレーラー1

[自分だけのキャンピングトレーラー]の続きを読む

世界一の贅沢。 エアストリーム クラシック



こんばんは。
いつも言っていますが、あこがれのキャンピングカーといえば、バスコンです。これは何度も何度も記事で書いた気がします。
では、キャンピングトレーラーユーザーの憧れのトレーラーは何か知っていますか?

それはエアストリームです。キャンピングトレーラーにはアメリカンとヨーロピアンがあり、人気があるのはヨーロピアンタイプです。
そしてエアストリームはアメリカンタイプなのです。

なぜ、エアストリームのキャンピングトレーラーがあこがれの的となるのか。考えてみましょう。

[世界一の贅沢。 エアストリーム クラシック]の続きを読む

シェルター機能も持っている、エメロード376!


こんばんは。

キャンピングトレーラーは、維持費が安く済み、車両価格も安く済む非常に経済的なキャンピングカーのジャンルの1つです。
詳しい説明は、こちらをご覧ください。

今回紹介するのが、インディアナRVエメロード376というキャンピングトレーラーです。けん引免許なしでけん引することができる数少ないトレーラーの中の1つで、日本国内ではとても人気のあるキャンピングトレーラーです。
なぜ人気があるのか、これから紹介したいと思います。

[シェルター機能も持っている、エメロード376!]の続きを読む

キャンピングトレーラー 最新モデル情報


こんばんは。
今日はあまり情報が多くないキャンピングトレーラーの最新モデルについて書きたいと思います。

キャンピングトレーラーについては、詳しく書いた記事があるので、コチラをご覧ください。
今回紹介するキャンピングトレーラーは、ボナンザ社のハミングバードというモデルです。
ボナンザ社のキャンピングカーはアメリカから輸入したものなので、サイズが非常に大きいモデルばかりです。そのため、キャンピングカーを購入する方にとっては少し敷居が高いようです。
今回紹介するハミングバードは通常よりコンパクトなキャンピングトレーラーで、かつアメリカの雰囲気が漂う豪華なモデルとなっています。

[キャンピングトレーラー 最新モデル情報]の続きを読む


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

訪問者数

2020年5月6日から。