FC2ブログ

給水タンクの容量はどれが適正か

こんにちは。

キャンピングカーを買ううえで1つのファクターとなるのが、給水タンクの容量だと思います。
小さいもので10L、大きいものだと200Lなんてものもあるため迷ってしまいます。

大きければその分安心感はあると思うのですが、重量が気になりますし、スペースもとります。
大きな給水タンクを導入したのに実際そんなに使わないじゃん!っていうのも困ります。
その逆もしかり。

今回は水の使用量が大体どれくらいなのかという情報をもとに、適切な給水タンクの容量を考察してみたいと思います。


mizu.jpg
まずは大体の水使用量の情報から。
水道の蛇口を普通にひねると、1分当たり12L出るそうです。ただ、キャンピングカーの蛇口はそんなに水がでないので1分当たり8L出ると仮定します。

手洗い 1回当たり0.5L
歯磨き コップにいれて行えば0.3L
顔洗う 洗面器で洗うとして、1回3L
皿洗い 3分ですすぐとすると、24L
シャワー 5分間使うとすると、40L
調理  野菜を洗ったりするので8L

※トイレ 基本的に水タンクがトイレに付属しているので除外。
※飲料水 ペットボトルの水を使用するので除外

こう考えると、水の使用量が多いのは水を出しっぱなしにすることが多い皿洗いやシャワーとなります。


この情報から、給水タンクの容量で場合分けします。

20L
皿洗いやシャワーはほぼ不可能です。4人であれば手洗いや歯磨き程度で1日分使ってしまいます。

40L
手洗いや歯磨きに加えて、顔を洗うか皿洗いができます。

100L

この辺から余裕が出てきます。手洗いや歯磨きだけでなく、顔を洗ったり皿を洗うことができます。シャワーは他のところで水の使用を抑えれば浴びることが出来ます。

200L
シャワーを浴びることが出来ます。また、シャワーを浴びなければ2日から3日は給水する必要はありません。

大体のキャンピングカーは給水タンクが20Lなので、出来ることは歯磨きや手洗い程度です。

もしシャワーを浴びることが必須であれば、給水タンクの容量は100L以上が求められます。
シャワーを浴びずに快適なキャンピングカー生活を送りたければ給水タンクは80Lくらいは必要かなと感じます。

ただ、手洗いはウエットティッシュで済ませれば水を使わなくて済みますし、紙皿や紙コップを使えば皿洗いもしなくて済みます。

シャワーは工夫次第で100Lのみで4人浴びることができるという情報がありました。


私としては、給水タンクは40L程度あれば充分かなという意見です。

今回は給水タンクの容量についてのみ書きましたが、給水タンクと同じ容量の排水タンクも必要であるということも忘れないでください。

水は人間の生活にとって必要不可欠なものです。
自分にとって適切な給水タンクの容量を見定め、キャンピングカーを選んでほしいなと思います。

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村