FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ以上豪華なキャンピングカーはあるのか?

こんにちは。

輸入車のキャンピングカーの中でも、クラスAと呼ばれているキャンピングカーはキャンピングカービルダーが非常に時間とコストをかけて作ったもので、最高に豪華です。

アメリカ製のクラスAキャンピングカーは国内に輸入されていたのですが、最近はアメリカ市場でのキャンピングカー大型化というのもあって日本国内では全幅の問題で走ることができず、輸入されていませんでした。

豪華なアメリカ製のキャンピングカー(しかもクラスA)を国内で走らせることができたら最高なのになぁとおもっていたところ、見つけました!

ということで、今回は本場アメリカでも憧れるようなクラスAキャンピングカーである、アレグロ ブリーズ31Rを紹介したいと思います。
アレグロ 外装

このキャンピングカーはWOT’S(ワッツ)熊本という会社が代理で販売しており、日本でも走れるようにしっかりと改造してから販売されています。

クラスAキャンピングカーの中でも、アレグロ ブリーズ31Rディーゼルプッシャーというエンジンレイアウトのキャンピングカーです。
ディーゼルプッシャーとは何かというと、ディーゼルエンジンがリア側に搭載されているキャンピングカーということです。
これにどんな利点があるのかというと、まずアメリカ製のディーゼルエンジンということでパワーが圧倒的で、なおかつ軽油という事で燃料代が安くすみます。さらに、ディーゼルエンジンがリアに搭載されているのでフロント側の車内レイアウトをより自由に決めることができます。また、リアエンジンなので走行中は前方部は比較的振動が少なく、静かであるという利点もあります。
このディーゼルプッシャーを採用しているキャンピングカーはフラッグシップのみといわれています。
キャンピングカーを所有している人の中でも憧れのレイアウトですのでとにかく所有する喜びというものは絶対にあります。

気になる内装ですが、
アレグロ ダイネット1
こんな感じです。
スライドアウト機能があるため、スライドアウトした際には横幅が伸び、非常に開放感のある室内になります。室内幅はスライドアウトすることで3mにまで広がります。
こんなに大きなソファーがあっても狭くならないというのはすごいですね。正直、私の自宅のリビングよりも広いですし、豪華です。悲しい。。。


アレグロ キッチンスペース
次はキッチンスペースです。
人工大理石が採用されており、高級感を醸し出しています。キッチンスペースはとても広いので自宅と同じように料理をすることができますので、料理を楽しみながらキャンピングカー旅行を楽しむことができますね。
清水タンクはなんと265Lですので、水の使用量をそこまで気にすることなく使うことができます。

アレグロ ベッド
そしてこちらはベッドスペースになります。高級な寝室が広がっており、鏡によって開放感のあるようなスペースになっていますね。アメリカンキャンパーということもあり、木材をふんだんに使ったインテリアとなっていて心が落ち着きますね。やはり木という物は人間の生活にとても合っています。キャブコンやバンコンですとベッドスペースはダイネットスペースに化けたりしますが、このベッドスペースはご覧の通り、常設のベッドスペースです。ベッド以外には使う用途はありません。これが広いスペースのあるキャンピングカーのみが成せることですね。

最後にスペックになります。
WOT’S(ワッツ)熊本では詳細な情報が書いていないため、公式HPを参考にしています。

清水タンクは先ほど書いた通り、70galon(265L)、グレータンクは55galon(208L)、ブラックタンクは33galon(125L)となっています。アメリカンらしく、相当なキャパシティーを持っていることがわかります。
燃料タンクも超大型です。なんと70galon(265L)。日本の大型トラックや大型バスには正直かなわないですが、キャンピングカーの中では最も大きい部類に入ると思います。燃費はおそらく4km/Lだと思うので、航続可能距離は約1000kmですね。これくらいあればガス欠に関しては心配なさそうです。ただ給油時間がすごい長いと思うので夏や冬はやりたくないですね笑 セルフ式を避ければいいですけど。


そして、アメリカンキャンピングカーということもあり、牽引のキャパシティーがすごいです。
2tまで牽引できます
流石にキャンピングトレーラーを牽引する方はいないと思いますので、軽自動車だったりコンパクトカーを牽引する用ですね。このような大きなキャンピングカーだと買い出しの時に不便なので、キャンプ場や広い駐車場に置いておいてから牽引していた車でちょっとお出かけするという形になります。

全長は10m超え、全幅は約2.4m、全高は3.6m、車両重量は約11tと今まで紹介したキャンピングカーの中で最も大きなキャンピングカーだと思います。キャンピングカーというよりは動く別荘な気がしますが。。。

ちなみに補足ですが、このキャンピングカーは製造元のTiffin社の中でもsmallest(最も小さな)キャンピングカーと書いてありました。。。
最も大きいキャンピングカーは13m越え、重量は22tです。アメリカは大きいですね。すごい。


気になるお値段ですが、雑誌で見た限りでは3500万円でした。家を買えますね、はい。
WOT’S(ワッツ)熊本では値段が非公開だったので、もしかしたら3500万円ではないかもしれませんが、だいたいこれくらいだと思ってください。

もし3500万円もらったとしたら私は家を買ってしまうと思いますが、もし3500万円の使い道に困ってて、なおかつ最高級のキャンピングカーが欲しいなぁと思っている方はぜひWOT’S(ワッツ)熊本に行って交渉してみてください。

そして、もし所有することになりましたら感想をコメントなどで伝えてくれると嬉しいです。

最後になりますが、youtubeで紹介動画を見つけましたので、少しでも気になった方はぜひご覧ください。




写真は公式HP(https://tiffinmotorhomes.com/allegro-breeze)から引用しました。

ご購入は、WOT’S(ワッツ)熊本から可能です。
http://www.wots.co.jp/?carinfo=new-2018y-tiffin-allegro-breze-31br
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。