FC2ブログ

アメリカ製キャンピングカーなら、ボナンザ

こんにちは。

国産のベース車(ハイエース、カムロード 、いすゞエルフなどなど)を採用しているキャンピングカービルダーはたくさんありますが、アメリカで製造されているキャンピングカーを日本仕様に改造して販売されているビルダーはとても少ないです。

私はキャンピングカーショーによく行きますが、いつもすごいなーって思うのがアメリカ製のキャンピングカーです。
とにかく大きい、豪華、そして高い

そしてそのキャンピングカーを展示しているのがボナンザという会社です。

今回はボナンザを紹介したいと思います。
ボナンザは東京都武蔵村山市にある会社で、なんと創業30周年を迎えている歴史のある会社です。

アメリカ製のキャンピングカー(クラスAやクラスC)、キャンピングトレーラーを販売しています。
海外製のキャンピングカーということもあり、もし故障してしまった場合はとても不安ですが、ボナンザなら大丈夫です。

ボナンザでは車検だけでなく修理やコンピューター診断、パーツ販売など、全てをボナンザにあるメンテナンス工場にて行ってくれます
中でも、パーツの多さはピカイチで、実際に行かなくてもHPにて購入することができますし、取り寄せて送ってもらうこともできます。DIYが得意な方はそういった方法で簡単なメンテナンスやパーツ交換を行っているようです。
HPで確認するとわかるかもしれませんが、キャンピングカーを所有していて必要な消耗品、パーツは一通り揃っています


そして、アメリカ製キャンピングカーを所有するにあたって最も悩みどころなのが駐車場の確保だと思います。
大きいものだと8mを超えますし、キャンピングトレーラーであれば牽引しなければならないのでさらに広い駐車場が必要です。高さも3mを超えた駐車場なので自宅の駐車スペースが足りなければ諦めざるを得ません。

しかし、ボナンザではRV専用駐車場を完備しています。料金まではわからなかったのですが、RV専用駐車場に停める事によって自宅の車庫証明なしでもRV専用駐車場にて登録することができます。RV専用駐車場に関しては、キャンピングカーを置けるスペースがない人のためにという記事にて詳しく説明しているのでぜひ参考にしてください。

ボナンザはとてもフットワークが軽く、全国のキャンピングカーショーで出展しています。また、会社では夏が近づいてくると毎週のように子どもたちをターゲットにした楽しいイベントを用意しています。大抽選会はかなりすごいものがあたるので必見です!!

会社自体はバンテックやナッツRVと比べて小さいものの、その分地元に密着した温かい販売方法を取っています。

販売している車両は、ベガスと呼ばれるクラスAキャンピングカー(サイズは大体8m前後の大型です)、7m前後のクラスCキャンピングカーCOMPASS、世界一と呼ばれている豪華なクラスCキャンピングカーボナンザRL(全長8.3m)です。
トレーラーは長さが5mほどの小型トレーラーハミングバード(現在は売り切れ)から、下手したらクラスCキャンピングカーボナンザよりも広い可能性のあるjayco Jflight(全長8.7m)まで幅広く取り揃えています。

Jay flight
Jayco Jay flight

vegas.png
Vegas

bonanza.png
Bonanza

humming bird
Humming bird


もしアメリカ製のキャンピングカーの購入を考えていて、関東にお住みの方(特に西東京に住んでいる方)はぜひ遊びに行ってみてください。とても話しやすい社員の方が親身になって相談に乗ってくれます
キャンピングカーショーでも実車を展示しているので、アンケートに答えてからぜひ中に入ってみてアメリカ製キャンピングカーの広さ、そして豪華さを堪能してください。

写真はボナンザ社HPから引用させていただきました。

ボナンザ
https://www.bonanza.co.jp/
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村