FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望のフィフスホイールトレーラー ミニープラスフィフスホイール!

こんばんは

前回の記事では、フィフスホイールのキャンピングトレーラー について書きました。

その際、国内で、中古ではなく新品でフィフスホイールのキャンピングトレーラー が購入できるという内容を書きました。

そのキャンピングトレーラー が、今回紹介するミニープラスフィフスホイールです!

Minnie Plus 5th 27RLTS
このトレーラーの特徴は何と言っても、フィフスホイールであること!

通常のキャンピングトレーラーでは味わえない安定感と内装の豪華さを誇るキャンピングトレーラー になっています。

まずは簡単なスペックからいきますと、


・全長 9.25m
・全幅 2.46m
・室内幅 2.38m
・スライドアウト時室内幅 3.90m
・全高 3.76m
・室内高 2.42m


となっています。特筆すべきは全幅が2.46mと公道を走れるサイズに収まっていることと、スライドアウト時に室内幅が3.9mにまで延長されるということです。
アメリカンキャンパー独自のスライドアウト技術によって、スライドアウト時には自宅のような広さを可能としているわけです。

就寝定員は6人であるものの、ピックアップトラックであれば5人乗りモデルが多いのである意味就寝定員に関しては非常に余裕のあるものとなっています。


・水タンク容量は189L
・ブラックタンクは155L
・グレータンクは155L


とアメリカンキャンパーの中でもかなり多い部類に入っています。ちなみに、よく売られているスタンダードな国産キャブコンだと、水タンク容量は40L-60L、ブラックタンク(日本では排水タンクと呼ぶことが多い)は水タンクと同じ容量が多いので同じく40L-60Lです。
他のアメリカンキャンパーと比較するならば、以前紹介したウィネベーゴ社製のアスペクトと比較してみましょう。
このキャンピングカーはクラスCと呼ばれるキャブコンと同じカテゴリーのキャンピングカーで、約9mの巨大キャンピングカーです。このキャンピングカーの水タンク容量は128L、ブラックタンクは98L、グレータンクは128Lでした。
ウィネベーゴのアスペクトについてもう少し知りたい方はこちらをクリックしてみてください。私の記事に飛びます。

ここからもわかると思いますが、このミニープラスフィフス非常に大きなタンクを持っているということがわかると思います。

さて、次はレイアウトです。

Minnie Plus 5th 27RLTS レイアウト

まず、室内が大きく二つに分かれています。それはリビングスペースベッドスペースです。
リビングスペースにはスライドアウトが二つあり、室内幅が3.9mにまで延長されています。スライドアウトスペースには一つはキッチン、もう一つは3人用のソファになっています。また、なんと水回りはアイランドキッチンとして機能していて、これは普通の家よりもおしゃれで豪華なスペースになっているかもしれませんね。

そしてリビングから階段を上がっていくと、ベッドスペースがあります。ベッドスペースにはクイーンベッドがあり、サイズは幅152cm、長さ203cmという正直いうとクイーンサイズより少し小さなベッドがあります。※クイーンサイズは厳密には幅が160cmになっています。
とにかく言えるのはキャンピングカーの中でもベッドサイズはトップクラスの広さを持っていること。

最後にリビングスペースとベッドスペースの間にトイレとシャワーがあります。写真を見るとわかりやすいと思いますが、キャンピングカーの中では非常に広い部類になります。厳密な広さはわからないですが、レイアウトから推察するに1.5m×1.5mの広さになっていると思います。
これがどれくらい広いかというと、
トイレスペース
リフォーム会社のHPから引用しました

一番右のスペースが約2.08平米です。ミニープラスフィフスは2.25平米ですから、シャワースペースと共有しているとはいえとても余裕を持った広さであることがわかると思います。

それではお待ちかね。

内装の写真を使いながら説明していこうと思います。

Minnie Plus 5th 27RLTS ダイネット
まずはリビング。
左側にあるのがスライドアウト後の3人がけソファー
このソファーはソファーベッドとなるように設計されていて、長さ185cm、幅185cmになります。
奥側にあるのがダイネット部分。ここで食事を取ることになります。ここもベッドスペースになります。長さ約2.3m、幅が97cmです。

Minnie Plus 5th 27RLTS キッチン
そしてこちらがキッチンの水回りスペース。正直、うちのキッチンより広いです。アイランドキッチンというのは本当に憧れです。天板は人口大理石でできているので、高級感に溢れています。掃除もしやすそうですね。

Minnie Plus 5th 27RLTS ベッド
そしてこれがベッドスペース。
クイーンベッドですが、高級ホテルを彷彿とさせるようなベッドスペースになっていますね。このベッドであれば2人は余裕でねれますし、子供とお父さんお母さんの3人でも寝れそうです。子供の頃からこんなに豪華なベッドで寝ていてもいいのでしょうか。あまり気にしないことにしましょう。

Minnie Plus 5th 27RLTS シャワールーム
そしてこれがシャワールーム。
私がヨーロッパ出張をした時に泊まったビジネスホテルと同じくらいの広さです。そして装備も似ています。
温水シャワーが37.8L分あるので、5分弱シャワーを浴び続けることができます。
ここまでトイレが広いと着替えスペースとしても活用できますし、本を読みながらゆっくりと用を足すということもできそうです。ただ用を足すだけのスペースではなく、リラックスできるもう一つの小さな部屋として使えますね。素晴らしい。

これらの写真をみて思うのが、「内装色の使い方が上手」ということ。
そもそも物理的に広いので、膨張色を使って大きく見せるという必要がありません。そのため、茶色や黒といった引き締まる色を使うことができるわけです。
高級ホテルのスイートルームには泊まったことはないですが、スイートルームと同じような落ち着いた内装色の使い方をしていると思います。
あとは光の使い方もうまいですよね。明るくすべきところには明かりを見えるように配置して明るくし、暗くすべきベッドスペースには光が直接目に入らないよう明かりを見えないところに配置しています。
こういった部分も歴史の長いアメリカのキャンピングカービルダーだから出来る熟練の技なのだと思います。


そして最後に値段を発表して締めたいと思います。
いくらすると思いますか?
1500万?1200万?




いいえ、税込842万円です。

安いと思った方、ぜひ。


写真はニートRV ミニープラスフィフスのHPから引用しました。
http://www.neatrv.com/wbtowables18/18towables-minnieplus5.htm
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。