FC2ブログ

可愛いキャンピングトレーラー  ビッグボール!

こんにちは。

キャンピングトレーラー は日本では珍しいものの、欧州や北米では比較的メジャーなカテゴリーに入ります。
そういったトレーラーは牽引免許が必要なモデルと必要ないモデルがあります。この境界線は何かというと、キャンピングトレーラーの車両重量です。

車両重量が750kgを超えると牽引免許が必要で、それ以下であれば牽引免許は必要ありません。
牽引免許が必要なキャンピングトレーラーは内装が豪華で、なおかつ広いです。
が、国内の道路事情を考えるとサイズがコンパクトで牽引免許の必要のない750kg以下のモデルが人気です。

今回は牽引免許の必要ないキャンピングトレーラーの中でも抜群の可愛さを誇るモデルを紹介しようと思います。

その名は、ビッグボールです。

まずこのビッグボールを製造・販売している会社は新潟にあるカトーモーターという会社になります。
カトーモーターについては以前の記事(新潟発 本気のキャンピングカービルダー カトーモーター)にて説明したので詳しくはその記事を読んで欲しいです。

簡単に説明すると、断熱性能はトップレベル、無垢材を使った温かみのあるキャンピングカーを製造している会社です。
代表的なキャンピングカーとして、ボーノが挙げられます。マツダボンゴをベース車両としたライトキャブコンで、いたるところに無垢材を使用しておりとっても良い木の香りがするキャンピングカーになっています。

このようなカトーモーターが製造したキャンピングトレーラーであるビッグボールですが、とっても可愛いので紹介します。

ビッグボール 前
まずは前から見た写真です。名前の通り丸っこいです。キャンピングカーも、トレーラーも全て言えることですが、スペースをなるべく広く取る為に形は四角が多いです。それが「キャンピングカーらしさ」ともいえるのですが、その「らしさ」が嫌いな人もいます。このビッグボールはあまりキャンピングカーっぽくないので、今までキャンピングカーに良い印象のなかった人にも受け入れられると思います。

ビッグボール 横
また、ドアを見てください。左側にドアがついていると思います。キャンピングトレーラー のほとんどは欧州製か北米製です。どちらも日本とは違い右側通行な為ドアは右側についています。これは日本では乗り降りするときに危険です。ですが、ビッグボールはカトーモーターが製造していることもあって左側にドアが取り付けられています。こういった小さな工夫がカトーモーターの良さなんです。

次にこのビッグボールの特徴です。

実はキッチン部分がスライドして前に出てきます。これによって非常に広いキッチンスペースが生まれ、キャンプをより楽しいものにしてくれます。キャンピングカー内で調理する為にはキッチンが必要で、軽キャンやバンコンでは調理は不可能です。キャブコンの中でも大きめのサイズである5m×2mサイズでようやく調理できるかなといった感じです。もし家と同じように調理をしたいならば、アメリカの大型キャンピングカーか、セミフルコンと呼ばれる全長6m越えのクラスでないと厳しいです。

ビッグボール キッチン
ですがこのビッグボールであれば、コンパクトなサイズの割に調理をすることができます。
しかも、外にスライドするので換気の必要がありませんし、室内に匂いがこもる心配もありません。場所が許せば焼肉も可能です。

ビッグボール キッチン2
このように、キッチンスペースはとても広いです。
外にスライドするので、雨の日はどうしようという心配はあると思います。
が、しかし!

ビッグボール タープ
タープを標準装備しているので雨の日は心配ありません。夏の日差しも避けることができます。

ビッグボール 室内2
室内はこのようになっています。丸い形であることもあり、天井は中心が高く端の部分は低くなっています。正直いうと、天井スペースは広いので立ったまま移動することは難しいです。ただし、このビッグボールは座ったり寝るのがメインなのであまり立つことはなさそうです。調理であっても広いキッチンスペースが屋外にスライドアウトするわけですし。

ビッグボール ベッド2

ビッグボール ベッド

ベッドは常設ベッドではなくダイネットを展開したりキッチンをスライドすることで出来るベッドになっています。
大人二人、子供二人は寝ることができるので、四人家族であれば安心して寝ることができます。


いかがだったでしょうか。このビッグボールはサイズが
長さ 4,950mm
幅  2,010mm
高さ 2,330mm

となっていてトレーラーの中だと小さい部類です。高さが抑えられていて、なおかつ空気抵抗の少ない丸っこい形になっているというのが良いですね。
こういった可愛いキャンピングトレーラーであれば普通のミニバンでも似合いますし、コンパクトなSUVでも似合うと思います。
値段は税抜きで358万円〜とサイズの割には少し高いです。ですが、純国産のトレーラーで痒いところにも手が届くようなキャンピングトレーラー 、そして可愛い形と唯一無二のキャンピングトレーラー だと思います。


上記の写真はカトーモーター ビッグボールから引用させていただきました。

カトーモーター ビッグボール
http://www.katomotor.co.jp/newcar/trailer/bicball.html
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング