FC2ブログ

高級家具メーカーとのコラボ!

こんばんは。

国産のキャンピングカーは、家具をキャンピングカービルダーが開発することが多いです。

キャンピングカーに搭載する家具は、どうしてもキャンピングカー専用となることが多く、家具メーカー(ニトリなど)が販売している物をキャンピングカーに搭載することは非常に難しいか、不可能です。

そのため、家具としての質というのを考えた際、キャンピングカーに搭載している家具は質が落ちてしまいがちです。

今回紹介するキャンピングカーは、愛知県刈谷市で創業した非常に有名な高級家具メーカーであるカリモクとコラボしたキャンピングカーになります。
このキャンピングカーはトイファクトリーが販売していますが、トイファクトリーは国内最高峰のセブンシーズというバスコンや、様々なバンコンを製造しています。

中でも、BADENというバンコンが今回紹介するキャンピングカーのベース車となっています。

とにかく写真を見せながら説明していきます。

karimoku baden
これがカリモクという高級家具メーカーとのコラボキャンピングカーです。

ソファはグリーンモケット生地です。モケット生地というのは革とは異なり、座った時に滑らないので姿勢維持が楽です。また、夏は蒸れないので暑くありませんし、冬は革ほど冷たくなりません。
この生地がどういった車に採用されているかというと、一番有名なのがトヨタセンチュリーです。センチュリーは基本がモケット生地の座席になっています。
現在は高級車=革シートとなっていますが、実は革シートは運転手や助手が乗るシートです。後部座席に座るような偉い人はモケット生地でできた座席に座っていたという歴史があります。

脱線しました。

このグリーンモケットは本当に座り心地が良さそうですし、グリーンという色も高級感を醸し出していて最高です。

karimoku mokume

実際に家具を近くで見てみると綺麗な木目が出ていることがわかると思います。基本的なキャンピングカーはプラスチックのような軽い素材に木目シールを貼ることが多いのですが、これに関しては本杢目です。
私は家具のことに関してはど素人なので家具を見ただけで木材はこれを使っているから高級だとかよくわからないものの、完成度が非常に高い家具だなぁということはよくわかります。
一つ一つの仕上げが丁寧ですよね。

karimoku baden bed
ベッドもなんとモケット生地で作られています。このベッドに寝ることができるのは大人であれば3人です。ダイネット部分をベッドにすることでもう二人寝ることができるので、このキャンピングカーの就寝定員はなんと5人です。

簡易的ではありますが、キッチンもついていますし、トイレを作らずにその分ベッドスペースを広くとったというのはこのキャンピングカーのレイアウト方針なのでしょう。

ベージュを基調とした室内空間となっており、グリーンカラーのソファ、茶色の家具によって非常に安心する空間ができています。落ち着きますね。


値段はというと、税抜647万円からです。ちなみに、通常仕様のBADENが540万円〜となっているので約100万円ほど高くなっているということになります。
しかし、カリモクver.になるとグランデ仕様[左・後エアロウィンドウ/FFヒーター/追加サブバッテリー(1個)]が標準装備となっているので、家具の分100万円高くなったとはいえません。

このモデルは2019年限定となっているので、今年のうちに買う必要があります。

高級家具を使ったキャンピングカーを求めている方は、ぜひ考えるといいかもしれません。

写真はトイファクトリーから引用させていただきました。

BADEN karimoku ver.
https://www.toy-factory.jp/lineup/2019/02/baden-karimoku-ver.php
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング