FC2ブログ

キャンピングトレーラー 最新モデル情報


こんばんは。
今日はあまり情報が多くないキャンピングトレーラーの最新モデルについて書きたいと思います。

キャンピングトレーラーについては、詳しく書いた記事があるので、コチラをご覧ください。
今回紹介するキャンピングトレーラーは、ボナンザ社のハミングバードというモデルです。
ボナンザ社のキャンピングカーはアメリカから輸入したものなので、サイズが非常に大きいモデルばかりです。そのため、キャンピングカーを購入する方にとっては少し敷居が高いようです。
今回紹介するハミングバードは通常よりコンパクトなキャンピングトレーラーで、かつアメリカの雰囲気が漂う豪華なモデルとなっています。
このハミングバードのサイズは長さが約6m、幅が2。5m、高さが2.7mです。ボナンザ社に売っているキャンピングトレーラーの長さは7m~8mの間がほとんどであることを考えると、かなりコンパクトになっていることがわかります。
3289-_0008_Jayco2017_Hummingbird17RK_Baja_34front.jpg
形も丸みを帯びており、空気抵抗を軽減するよう設計されています。四角形のモデルに比べて丸みがあるモデルは空間が少し狭く感じてしまいますが、こういった丸みを持った形が好きな人には関係ないと思います。

3289-_0006_Jayco2017_HummingBird_17RK_Awning.jpg
また、ハミングバードにはなんとサイドオーニングが標準装備されています。しかも電動ですので、ボタン一つでオーニングを開くことができ、わざわざ手動でオーニングを出す必要がありません。

3289-_0003_Jayco2017_Hummingbird17RK_Baja_WheelTire.jpg
なんと、オーバーフェンダーがついているので(それのせいで幅が2.5mもあるのです。オーバーフェンダーがなければ幅は2m程度です。)、オフロードタイヤをつければオフロードでも何の心配もなく走ることができます。このようなアメリカンキャンピングトレーラーにはSUVのヘッド車が似合うので、ヘッド車もトレーラーもオフロード仕様にすることができるのは統一感を出すことができて魅力的ですね。

3289-_0005_Jayco2017_HummingBird_17RK_HardFrontBest.jpg
自転車はこのようなオプションをつければ設置することができます。ただ、これはアメリカのHPに載っていたものなので、ボナンザで実際にこのようなオプションをつけることができるかどうかはわかりません。純正オプションなのでおそらくつけることができると思うのですが。。。

これがハミングバードの外観です。小さいながらもかなり本格的な装備が多くついていることがわかります。
さらに、外観の中で個人的に最も魅力的なのが、スライドアウト機構

HBSlideOuts.jpg
このスライドアウト機構はヨーロッピアントレーラーには絶対に搭載されていない機構で、さらにアメリカントレーラーの中でも一部の車種にしか搭載されていません(しかも、大体搭載されている車種はサイズが大きい!)
スライドアウトすることにより、トレーラー内が非常に広くなります。スライドアウトする場所は駐車するスペースによって限られてしまいますが、とても魅力的な装備です。

次に、内装の紹介です。
3289-_0001_Jayco2017_HummingBird_17RK_InteriorFtoB.jpg
内装はやはりアメリカントレーラーということもあり、重厚感があって落ち着くような雰囲気を醸し出しています。画像にはTVがついていますが、標準装備かどうかまではわかりません(テレビアンテナは標準装備ですので、おそらく標準装備だとは思いますが。)

HBBed.jpg
ベッドはクイーンベッドです。常設ベッドなのでベッドメイキングをする必要はなく、眠りたくなったらすぐにゴロンと寝ることができます。クイーンベッドなので3人は余裕で寝ることができますね。さすがアメリカンといった感じです。

HBShower.jpg
トイレやシャワー設備も標準装備でついています。ただトイレやシャワーがついているのではなく、非常に広いので用を足す際に窮屈さでストレスを感じることはありません。また、温水設備もついており、温水容量が23Lなので節約しなければいけませんが温かいシャワーを浴びることができます。ブラックタンクも90Lあるので長期旅行の際にもトイレの容量を気にする必要はありません。ちなみに、カセットトイレの容量は20L程度です。

いかがだったでしょうか。最後にスペックです。
本体価格
※諸費用別途 420万円
全長×全巾×全高 6,020mm×2,464mm×2,743mm
車両重量 1,232kg
車両許容重量 1,701kg
積載許容重量 469kg
ヒッチ荷重 132kg
フレッシュタンク 120L(ウォーターヒーター23L含む)
グレイタンク 97L
ブラックタンク 97L
就寝定員 4人
ボナンザ社より引用させてもらいました。アメリカントレーラーに特有の水回りのタンク容量の大きさには驚きです。これだけあれば、水を使うときにはそこまで気を使う必要はなく、途中で水を補給しなければならないということも起きなさそうです。
今回使った写真はJayco社(ハミングバードを製造しているアメリカの会社)とボナンザ(jaycoのキャンピングカーを日本で販売している会社)から引用しました。
ちなみに、製造元であるJaycoのHPではハミングバードの内装を360°ビューで見ることができるので、さらに詳しい内装をみたい方はぜひアクセスしてみてください。

サイズはコンパクトながら、本格的な装備満載のキャンピングトレーラーであるハミングバード。ぜひ検討してみてください。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村