FC2ブログ

走りを究極に極めたキャブコン、レガード!


こんにちは。

いつも言っているかもしれませんが、キャブコンといえば走りには期待できないというのが定番です。
高さは3mくらいあるので空気抵抗は悪い、重心バランスもおかしいのでふらふらしてしまうなどなど。

それを打破するために、なんとボディを切って延長してまで走行性能に全てを捧げたキャブコンがあるのです。
それが、ヨコハマモーターセールス社のレガードというモデルです。
キャンピングカーショーに行ったときにたくさんの方が注目していたモデルです。

camp_rd_19.jpg

さて、どのようなところがすごいのでしょうか。
レガードのすごいところ

非常に低重心
キャブコンは車高が高く、天井付近には収納棚などがあることもあり重心が高くなっています。
重心が高くなっていると、カーブを曲がった時などにボディが左右に振れてしまい安定感にかけてしまいます。
そこで、このレガードは重心を低くするためにいろいろな改造を施しています。
燃料タンクを標準から50mm、スペアタイヤは60mm低くしています。
さらに、リア部分にある外部収納はなんと400mmも低くしているため、荷物をそこに入れることでさらに重心が下に行くよう設計されています。通常は荷物を置くと重心にばらつきが生まれて不安定になりがちですが、レガードは逆に走行安定性が高まるように設計してるあたりがすごいです。
201612612338_t760x570.jpg


camp_rd_05.jpg

5.jpg


ボディが軽い
フレームをコンパクトに設計しているため、ボディの架装部分が1000㎏以下と非常に軽くなっています。このボディ部分の軽量化はアンセイエというモデルでもやっていますが、どちらが軽いかはわかりません。少なくとも、どちらのモデル共に他のキャブコンと比べてとても軽くなっていることは確かです。
camp_rd_14.jpg
重心が低いので、ここまで傾いても転倒することはありません。恐るべし、低重心!

風に対する対策
キャブコンは空気抵抗が大きい形状をしており、高速走行では前からの空気抵抗によって燃費が悪くなってしまいます。さらに、横風によって車体がふらついてしまって恐怖感を味わってしまうことが多々あります。
ですが、このレガードはボディ形状に工夫を凝らした結果、空気抵抗を抑えることに成功しています。空気抵抗を軽減するようなボディ形状にすると中の空間が狭くなったりしてしまいますが、このモデルでは空気抵抗と空間の広さを高次元で両立することができているので安心です。

camp_rd_19.jpg

走行安定性を向上させるため、ボディの長さを205mm延長
7 (1)
ボディを長くすることで、直進安定性を高めています。さらに、後部にはドロップダウン部分を設けることで後部外部収納庫の重心を低くし、さらに荷物容量を大きくすることに成功しています。


内装に関しては、レイアウトはやはりスタンダードな形
空気抵抗を抑えるためにバンクベッド部分は削られているため、オプションのプルダウンベッドをつけない限りは寝ることができません。そのため、プルダウンベッドなしだと就寝店員は4名となります。後部2段ベッドに2人、ダイネット部分をベッドにして2人となります。ちなみに、プルダウンベッドは13万6000円です。正直4人家族であればオプションは必要ないかと思います。
20.jpg

22.jpg
キッチンはカセットコンロを置く形になります。


このモデルの装備において特筆する点があるとすると、給排水タンクの大きさです。基本的にキャブコンは給水タンクが20~40Lくらいであるのに対し、レガードでは給水タンクが93L、排水タンクも90Lあります。これだけ大きな給排水タンクを持っているキャブコンはそうそうありません。

冷蔵庫は65Lで、FFヒーターも標準装備です。
しかし、気になるのがキャンピングカーでは必須の装備がオプションになっていること。
電子レンジインバーターカセットトイレが標準装備ではないのでオプションで付ける必要があります。電子レンジは4万、インバーターは増設サブバッテリー込みで25万、そしてカセットトイレは16万円ほどとなります。トイレは付けない人がいるかもしれないですが、電子レンジとインバーターは結構必須の装備です。オプションで付ければいいかもしれないですが、できれば標準装備にしてほしかったところです。


最後に、車両価格とサイズです。
車両価格はカムロードディーゼル3000㏄ベースで744万円となります。
自分推奨オプションを入れると、(電子レンジ、インバーター、トイレ)800万円ほどになりますね。アンセイエがオプション込みで762万円だったので、アンセイエのほうがお得になります。

ボディサイズは長さ5.35m、幅2m、高さ2.8mと高さが抑えられており、長さが通常のキャブコンよりも0.35m長くなっています。

レガードとアンセイエを比べてみると、ボディ形状に凝って走行安定性を高めているのがレガード、足回りを強化して走行安定性を高めているのがアンセイエといった形になるでしょう。
どちらがいいかは皆さんにお任せしますが、アンセイエとレガードが合体したようなキャブコンが生まれれば最強かもしれませんね。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング