FC2ブログ

これ1台で全てをこなせる、バンコン!


バンコンとは、バンコンバージョンの略で、ハイエースやキャラバンといった商用車の他、ノアやアルファードといったミニバンを改造してキャンピング仕様にしたものです。
バンコンといえばハイエースを改造したものがほとんどで、簡易的に車中泊をすることができるモデルから、トイレやキッチンまでついているような本格的なモデルまで多岐にわたっています。

バンコンのメリットとデメリットを挙げてみましょう
レクビィ シャングリラ
・一見キャンピングカーには見えない
キャブコンやバスコンといった見た目からキャンピングがーではないので、子供の送迎や買い物などに気軽に行くことができます。基本的にキャブコンなどのThe キャンピングカー所有者はセカンドカーを持っていますが、バンコン所有者でセカンドカー所有の人はあまり見かけません。このメリットがあるからバンコンを購入しているようです。

乗り心地が乗用車並みに良い
他のトラックベースやバスベースのキャンピングカーと比べて、商用車ベースではありますが乗り心地は格段にいいですし、走行性能もかなりいいです。
キャブコンと違い全高が低いので、高速道路での横風に対する安定性も非常に高いです。
また、アルファードやノアといった乗用車ベースのバンコンであれば、乗り心地は非常にいいです。その代り、キャンピングカーとしての機能は制限されてしまいます。

ボディカラーが豊富で、カスタムパーツが多い
キャンピングカーはそこまでおしゃれなイメージはないのですが、バンコンは別といってもいいでしょう。ボディカラーはある程度の幅はありますし、ハイエースベースであれば非常に豊富なカスタムパーツが揃っているので自分好みのおしゃれなキャンピングカーをカスタムすることが可能です。

運転時における安全装備が揃っている
キャブコンとなると、トラックベースなのでABSがオプションだったり、助手席のエアバッグがオプションだったりします。しかし、ハイエースやキャラバンではエアバッグやABSといった乗用車には必須の安全装備が必ずついています。さらに、キャラバンでは自動ブレーキ機能もついているなど、安全装備においてはかなりバンコンのほうが上をいっています。もしかしたら、今後トラックのほうも安全装備が充実してきそうなので今のところはという注釈をつけておきますね。

逆にデメリットを挙げてみます。
ほかのキャンピングカーと比べて宿泊時における快適性は低い
先ほど車高が低いので横風に対する安定性は非常に良いと書きましたが、宿泊時(停車時)にはそれが逆にあだとなってしまいます。キャブコンなどでは立って歩けるくらいの高さがありますが、バンコンではそのようなモデルは一部を除いてほとんどありません。
寝るときには気にならないですが、少し窮屈に思えるかもしれません。
また、トイレや調理スペースもないか、あるいは非常に小さいスペースなので家としてのキャンピングカーは成り立ちません。
ただ、寝るだけでよい人にとっては車中泊と比べて圧倒的に寝やすいのでその辺の割り切りが大事かもしれません。

モデルによってはサイズが大きい、そして取り回しが悪い
ハイエースベースのキャンピングカーに絞って書きます。ハイエースはいくつかのボディサイズに分かれていますが、一番大きいモデルになると幅は1.9m、長さは5.3mとなり、最小回転半径はなんと6.1mです。キャブコンは最小回転半径が4m~5mなので取り回しにいかに差が出るかがわかると思います。また、長さにおいては標準サイズのキャブコンより0.3mほど長いです。

意外と高い
トラックベースのキャブコンと比べてバンコンはベースとなる車が高額となってしまうので、下手したらキャブコンよりも値段が高くなってしまうことがあります。この場合、値段としてライバルとなるキャブコンはコンパクトキャブコンでしょう。ただ、普通の車中泊仕様(トイレはなく、キッチンなどのスペースは最小限)においては価格をある程度は抑えることができます。価格帯は400万円~700万円といったところでしょうか。


バンコンのキャンピングカーメーカーは本当にたくさんありますが、有名どころはレクビィ、トイファクトリーです。この2つのメーカーはバンコン専門なので、種類が非常に豊富で、バンコンが気になる人は絶対に見ておくべきメーカーだと思います。


レクビィ 廉価モデル
※レクビィより引用しました

こちらがレクビィの廉価モデルです。バンコンといえば、こういったレイアウトが基本かと思います。トイレはありませんが、大きなテーブルがあるので比較的ゆっくりと食事ができますし、就寝時にはテーブルの場所をベッドにして寝ます。
これで値段は450万円程度です。

レクビィ ハイエンドモデル
※レクビィより引用しました

こちらがレクビィのハイエンドモデルです。トイレやシャワー、エアコン、冷蔵庫などもついているのでキャブコンのような快適性を兼ね備えています。
価格は700万円と高価ですが、どうしてもバンコンじゃないといけない方であればこの選択肢はとても良い選択肢になると思います。

いかがだったでしょうか。
レクビィトイファクトリーのホームページを添付しておきますので、興味がある方は見てください。
他にもバンコンのメーカーはありますが、今回は割愛させていただきます。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村