FC2ブログ

バスコン最高峰 トイファクトリー セブンシーズ!


こんばんは。

バスコンについての記事を書くたびに書いている気がしますが、バスコンはキャンピングカーユーザーの憧れと言われているジャンルです。
バスコンについての詳しい情報はコチラに任せます。
また、バスコンのベース車について知りたい方はコチラを参考にしてください。

さて、本題に戻ります。
今回紹介するのは、バスコンの中でも最高峰だと思われるトイファクトリー社のセブンシーズです。
価格は1220万円からと、セミフルコンや輸入車のモデルも買えてしまうくらいの値段を誇っています。

こんなに高いバスコンのセブンシーズですが、どういった魅力があるのでしょうか。
sevenseas_car-thumb-299x172-4325.jpg
魅力その1

室内が高級感で溢れている
sevenseas04-thumb-356x531-4331.jpg

通常、バスコンとなるとそこまで内装の質感に力を入れていない場合が多い(ベース車自体が高くなってしまうので、コストをかけたくないからだと思われる。)のですが、このセブンシーズは内装の質感にとても力を入れており高級ホテルのような空間になっています。
ドアノブやキッチンのシンク、照明まで気を使っているのでどこにいても高級な雰囲気を味わうことができると思います。
sevenseas09-thumb-773x529-4336.jpg


sevenseas08-thumb-773x533-4335.jpg


魅力その2


充実した装備

電子レンジやソーラーシステム(約400W)、電動水洗式カセットトイレ、サブバッテリー(なんと180A×3)、ルームエアコン、シャワー設備、冷蔵庫など、キャンピングカーのオプションとして付けるものがほとんどありません。
オプション設定なのはサイドオーニングくらいかと思います。
標準装備がほとんどなので、設計する段階からルームエアコンや電子レンジといった家電製品やバッテリー、ソーラーなどの配置にかなりの時間と労力がかかっています。そのため、内装のレイアウトや家電などの配置には全く違和感がなく、非常に使いやすくなっています。バスコン版の、バンテック ZILみたいですね。

sevenseas_e04-thumb-347x538-4321.jpg


sevenseas07-thumb-346x537-4334.jpg


また、プラズマクラスターも標準装備なので室内の空気は綺麗に保たれます!

sevenseas02-thumb-908x511-4329.jpg

魅力その3

ロングバージョンはなんと後部シングルベッド×2!
sevenseas06-thumb-908x515-4333.jpg
後部ベッドというとセミダブルベッドか後部2段ベッドがスタンダードです。そもそも、後部にそこまで余裕がないのでセミダブルベッドにするのが正直限界です。
しかし、このセブンシーズはロングモデルのみですが後部にシングルベッドが二つ並んでいます。このベッドだけをみると高級ホテルかと思ってしまうくらい豪華です。さらに、シングルベッドの間にマットを敷くことで巨大なクイーンベッドが出来上がります。
これほどのベッドスペースを持っているのはセブンシーズくらいかと思います。


おおざっぱにいうと、このセブンシーズの魅力はこのような3点に絞られます。
他にも、ベース車の側面窓にエクステンションボックスを設置しているためバスコンにありがちな横方向の窮屈さを克服することができています。国産のキャンピングカーということもあり、カセットガス仕様のガスコンロになっています。ガスコンロの上には大きなふたがあるので、もしコンロを使わないときには二の上で調理することができるようになっています。場所が限られているキャンピングカーならではの工夫ですね。

先ほど書きましたが、バッテリーが180A×3あるので家庭用エアコンだったり電子レンジ、TVといった家電をバッテリーの容量をそれほど気にすることなく使うことができます。さらに、ソーラーパネルもあるのでいざというときにはソーラーからの電気を貯めてから使うこともできます。1泊~2泊くらいの旅行なら、走行充電、ソーラー充電である程度は賄えると思います。それ以上になってしまうと、やはり外部充電でバッテリーを一度満タンにする必要がありそうですね。

ベース車がトヨタコースターということもあり、信頼性は抜群で小回りは利きますし(ショートモデルは最小回転半径5.5m、ロングモデルは6.5m)、排気量もディーゼル4000㏄程度とパワーにもとても余裕があります。高速安定性や走行時の快適性も他のキャンピングカーと比べたら圧倒的に違います。
後部には外部収納庫があるので多くの荷物を積むことができます。
燃費は9km/Lくらいだと思えばよいでしょう。ガソリンは軽油なので安く済みますね

いかがだったでしょうか。
バスコンの最高峰、もしかしたらセミフルコンを買うよりもこちらの方が豪華さでは上をいっているかもしれませんね。
値段はロングモデルで1290万、ショートモデルで1220万円ですが、どちらかといえばロングモデルを買ったほうがいいと思います。値段の差もほとんどありませんしね。
バスコンを買う予定の方で予算にある程度余裕がある方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

写真はトイファクトリー セブンシーズより引用しました。

関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村