FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米仕様の豪華なトラキャン Lance 865


こんばんは。

以前に比較的小さい仕様のトラキャン(J-cabin N)を紹介しました。
そこで今回は北米仕様の非常に大きいトラキャンを紹介しようと思います。

北米仕様のキャンピングカーは内装が非常に豪華で給排水タンクが大きく、トイレやシャワースペースがとても広いのである程度長期の旅行にも快適に過ごすことができるようになっています。
ですが、やはり国土の広い北米仕様ということもあり日本ではあまり向いていないのが現状です。
キャンピングトレーラーは北米仕様だと7m以上が標準ですし、AクラスキャンパーやCクラスキャンパーでも8mは普通に超えてきますので駐車場や運転においてかなり制約が出てきます。値段も高いですし、燃費は悪く自動車税も高い。。。

ですが、今回紹介するトラキャンであるLance 865はトラキャンの中では最大級の大きさではあるものの、他のジャンルの北米仕様キャンピングカーと比べたら大きくないですし、維持費に関しても高くはありません。

このLance 865は北米のLance社から輸入したものをミスティックが日本仕様に変えて販売しています。

それでは、このLance 865の詳細を紹介していきたいと思います。

MYSティック ランス
まずは、外装部分からです。
大きさは全長4700mm、全幅2180mm、全高は2280mmあります(全高はトラキャン単体のもので、ピックアップトラックを合わせたら3m以上はいきます)
全幅が2180mmということで、他の北米製キャンピングカーよりは幅が抑えられており普通の幅の道路であれば難なく走行することができますね。

このLance 865を載せることができるピックアップトラックはフルサイズピックアップトラックと言われている、トヨタタンドラ、ダッジラム、Ford F-150、シボレーシルバラードなどが挙げられます(載せられるのはダブルキャブかクルーキャブで荷台を延長したもののみ
これらのピックアップトラックはクルーキャブ(5人乗り仕様)であれば室内はとてもゆったりとしていますので、5人乗ったとしても快適に移動することができます。
フルサイズピックアップトラックは全長が5.8m、幅が2m程度あり、エンジンの排気量は6Lを超えるのが普通で燃費ははっきり言って悪いです。ですが自動車税が排気量の割に安い(毎年16000円)ので、その分ガソリン代に補てんすることができます。
中古車ですと350万円~700万円程度の幅で購入することができます(700万円は未走行のほぼ新車です)
f150a.jpg
トレンドオートより引用
これがアメリカでもっとも販売されているFord F-150です。トレンドオートだと新車価格で380万円~740万円で購入できます。


話をLance 865のに戻しましょう。
img_car_lance865_05b.jpg


img_car_lance865_07b.jpg
外側から見るとこんな感じです。荷台部分に載せていないときはこのようにして保管します。
リーゼントヘアーみたいで面白いですね。これは空気抵抗を考えた末の形となっています。リーゼント部分はバンクベッドとなっており、この後紹介しますがキャンピングカーの中でもトップクラスの広さを誇っています。


さて、次に内装部分です。

img_car_lance865_08b.jpg
これが全体の写真です。この写真を見ただけで、北米らしさが垣間見あるかと思います。室内高は2m程度あり、日本のキャブコンとほとんど同じくらいです。天井部分にはルーフエアコンが搭載されており、外部電源がないときまたは発電機を使用しているとき以外では使うことができないですが非常に早く室内を冷やすことができる優れものです。これも北米ならではの装備だといえるでしょう。

img_car_lance865_09b.jpg
こちらがダイネット部分です。
コの字型ソファになっているので4~5人は座ることができますね。
窓も周囲にあるので昼は明るいです。

img_car_lance865_10b.jpg
こちらがキッチンです。広めの2口のガスコンロとなっています。これなら比較的本格的な調理が可能ですね。これも北米らしい装備です。

img_car_lance865_13b.jpg
こちらが冷蔵庫。容量は約90Lと日本のキャンピングカーでは標準サイズですが、製氷機能がついているのでなかなか便利です。
上段にあるので取り出しやすいというのもよく考えられていますね。

img_car_lance865_14b.jpg
こちらがオーバーヘッドキャビネットです。様々なものを収納することができます。オプションで子供用のベッドにすることができます。キャビネット部分に収納することができませんが、棚のふたを開いて2段ベッドの上部分になるので就寝人数が増えてとても便利です。

img_car_lance865_15b.jpg
次はトイレです。水洗式トイレとなっており、下水処理はダンプ式(ホースから下水を下水道などに流す方式。自宅ではほとんどの場合はできないので処理施設に行くなど少し面倒)となっており、このタンクはなんと約50L。容量をそこまで気にすることなく用を足すことができます。広さ的には国産のキャブコンと同じくらいではないでしょうか。

img_car_lance865_11b.jpg
これがバンクベッドです。クイーンベッドと表記されていたので、大人2人~3人は余裕で寝ることができるでしょう。
J-cabin Nと同じくらいのベッドではないかと思います。ただ、違うのは両サイドに収納部分があることです。
TC_865_Int-bed-big.jpg
Lance HPより引用
こちらの方が見やすいかな。


最後に、このLance 865のレイアウトです。
Lance-865-3Dfp.png
Lance HPより引用

バンクベッドが半分を占めていますね(笑)
クローゼットが2か所あるので、使い分けができてよいですね。


装備面ですが、サブバッテリーは1つ(105A)、給水タンクは105Lと大きく、排水タンクはグレータンクが53L、ブラックタンクが50Lとなっています。ガスコンロ、温水シャワー、FFヒーターは共にLPガス仕様となっています。このモデルの一番ダメな部分ですね。
ただ、FFヒーターは灯油式のベバスト製FFヒーターにできると思いますし、ガスコンロもカセットガス仕様にすることも可能かと思います。シャワーは厳しいかもしれませんね^^;

本体価格はミスティックには明記されていませんが、本国では3万ドルですので為替レートや日本への輸送代、各手続、日本仕様への変更を考えると400万~450万円くらいかと思います。2016年9月現在非常に円高になってきているので今が買い時かもしれませんね。

いかがだったでしょうか。価格もそこまで高額ではないですし、サイズも他の北米仕様キャンピングカーと比べたら比較的コンパクトです。
アメリカンなテイストを味わいながら旅行をしたい方にはぜひともお勧めしたいキャンピングカーです。
車好きの自分にとっては憧れの存在です。所有している方はぜひともコメントしてください。実際の使用感がとても気になります。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。