FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の確保はどうする?


こんばんは。

キャンピングカーでのキャンプというと、気になるのが電気の確保と水の確保。
電気は人間にとっては不可欠ではありませんが、水は人間にとって不可欠なもの。
家では蛇口をひねるだけで出てくる無限の資源と思いがちですが、キャンピングカーで旅行すると水は無限の資源ではないのだなぁと実感させられます。
そのため、今回は水の確保はどのようにしてするのかに絞って記事を書きたいと思います。
images.jpg
一日に人間が生きるために必要な水分量は、食べ物から摂取する水分を除いて1.5Lと言われています。
そのため、飲み水としての水は一日一人当たり1.5Lと計算しておくと良さそうです。
飲み水としての水なので市販で売っているような水を2Lペットボトルで持っていくか、浄水器から出した水をペットボトルに入れて持っていくかの2通りがあります。キャンピングカーによっては清水タンクがあってそこの水を飲めばいいと思いますが、日本人の性格上飲み水はペットボトルか綺麗なポリタンクを使うのが個人的におススメです。

それでは本題に戻りましょう。

旅行先での水の確保方法

・スーパーなどで購入
これは非常に簡単な方法です。日本は必ず車で行ける範囲になんらかのスーパーがあります。水が足りなくなってしまったらここで購入するといいでしょう。飲料用としてであればお金の心配はそこまで必要ありませんが、皿洗いやトイレ、シャワーに使う水をスーパーで購入するのは金銭的に難しいというかもったいない!!おいしい水で皿洗いやトイレを流すなんて・・・。
ということで、このアイディアは飲料水が無くなってしまったときに限って採用することができるでしょう。

・自然の水を拝借する。
山間部に行けば綺麗な川や湧水が出ているところがあります。川の水であればシャワー用や食器洗い、トイレ用として使うことができます。もちろん法律には違反してませんのでご安心を。水をくむのであれば、キャンプ場よりも上流で汲むことをお勧めします。
そして湧水ですが、日本には名水の湧いているところが多くあり、それを汲んで飲むことは最高の贅沢かと思います。
飲料用でも、生活用でも構いませんので、他の人の迷惑にならない程度に汲むようにした方がよいです。人によっては、名水を求めてキャンピングカーで旅をしている人もいるくらいです。それはそれで楽しそうですね。
全国の旅人が選んだ!日本の湧水・名水ランキングTOP10に湧水の場所が載っているので、旅行するときにはぜひ参考にしてみてください。
こういった川や湧水のように自然の水を利用すると、もちろん水代はタダになります。飲料用として使うのは難しいかもしれませんが、生活用として割り切れば非常に経済的な選択かと思います。

・ガソリンスタンドやキャンプ場の水をいただく
もちろん施設を利用するのが条件ですが、ガソリンスタンドやキャンプ場の水をいただくというのも選択肢の一つです。利用するときにはガソリンスタンドであれば店員さんにお願いして給水させてもらい、キャンプ場であれば水道などを利用して常識の範囲内で給水させてもらいます。どちらも飲料用としては微妙ですので、生活用としての水となります。お金はかかりますが、水のお金を払っているというよりは施設利用のついでですので経済的な選択です。



・公園や公共施設の水を利用する(なるべく避けること!)
本当にどうしようもない場合は公園や公共施設の水をいただくといいかもしれません。ただ、こういった公共施設の水を使いたいなら500mlペットボトル程度の給水にしましょう。大量に使っているとキャンピングカーユーザーの印象が非常に下がり、最悪給水不可になってしまいます。これはやらないほうがいいですね。やめましょう。


生活用水であれば、水道水でも湧水でも川の水でも構いません。そして何日か放っておいてもそこまで雑菌が繁殖するわけでもないですし、飲むわけではないので健康にはほとんど影響ありません。
ただ、重要なのは飲み水です。浄水器などを通した水は塩素が抜かれていますので、おいしい反面雑菌が繁殖しやすいような状況です。そのため、飲み水をたくさん持って行って常温保存して数日にわたって使うというのは衛生的に避けたほうが良いです。密閉された市販の水を持っていって使うときに開封してずっと冷蔵庫の中に入れていれば問題はありません。
常温保存で数日間放置というのが危ないです。死ぬわけではありませんが、ちょっと心配です。
ということで、飲料水はかならず一日で飲み干せるような量を毎日補給していくというスタイルが良いと思います。人間が飲む水の量なんてたかが知れていますし、そんなにたくさん持っていくと水の無駄になる可能性もあって車も重くなって少しばかり燃費が悪くなります。

ということでまとめます。

飲料用・・・市販の水を持っていくか、旅先で買う。そして飲料可能な湧水を汲む。ただ、給水した水はかならず一日で飲み干すようにすること、それかちゃんと冷やして保存すること。

生活用・・・川の水を汲んだり、ガソリンスタンドやキャンプ場などで分けてもらう。無料ではあるが、汲む量は常識の範囲内で。
生活用なので保存方法はそこまで気にしなくてもいいが、夏場は2~3日で使い終わるような量にした方がよい。

たくさんの水を家から持って行って、空にしてから家に帰るというよりは旅先で少しずつ補給していくというスタンスで水を入れすぎないというのが良いかと思います。よっぽどの田舎ではない限り、水を補給できる場所は必ずどこかにあります。水も腐るということを念頭に置いて持っていく量を決めるようにした方がいいです。

いかがだったでしょうか。
日本人は心配性なのでなるべく多く持っていきがちかもしれませんが、そこは気楽に考えてもよいですよ。足りなくなったらいろいろなところに頼りましょう。
飲料用なら、これくらいのポリタンクを用意するとよいかもしれません。

10Lの抗菌仕様です。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。