FC2ブログ

暖房なしで寒さをしのぐ方法!


こんばんは。
これから気温はだんだんと寒くなってきます。

キャンピングカーで最もつらいのが夏と冬。夏は正直エアコンがないと厳しいところがありますが、冬はエアコンなし、FFヒーターのような暖房がなくても何とかすることができます。
このような暖房器具があるキャンピングカーであればいいかもしれませんが、軽キャンやバンコンではFFヒーターやエアコンのような装備はついていない場合が多いです。そもそもオプションとして設定されていない車種もあります。
また、FFヒーターを装備しているキャンピングカーでもある程度使わずにしのげるのであれば燃料や電気を節約することができます。

その、何とかする方法を今回は探っていきたいと思います。
寒ーい冬でも何とかする方法

・暖かい羽毛布団を用意する
羽毛布団は重量が軽いわりに保温性能に非常に優れています。寝心地も布団の中でもぴか一ですし、自宅でも共用することができます。ベッドがある程度広いことが条件ですが、これを使うことができれば夜も安心です。キャンピングカーで使うならばなるべく幅が狭いものを選びたいところですね。



・電気毛布を使う
これはかなり実用的な選択です。最近の電気毛布は水洗いもできるので衛生面が安心です。かなり古い旅館に泊まった時(雪国でとても寒かった)、電気毛布と羽毛布団1枚でとても心細かったのですが電気毛布が非常に暖かくてぐっすり寝ることができました。
電気使用量は最大で80wと少し高めですが、正直最高温度で使う人なんていないので実際はFFヒーターと同じような40w~50wくらいかと思います。羽毛布団とは違い一枚3000円程度なので安く済ませることができます。


・冬用のシュラフを使う
夏用のシュラフだと心細いので、冬用のシュラフを使います。また、羽毛でできた高級なシュラフであれば軽量&蒸れない&暖かいの3点セットなので予算に余裕があれば買いたいところですね。一番有名なモンベル社の冬用シュラフで3万円程度と高額になってしまいますが、その分寝るときの快適性は圧倒的に違います。ですが、シュラフにそこまでお金をかけたくない方は4000円~6000円くらいの冬用シュラフが売っているのでこちらを選んだほうが良い買い物になると思います。
3万円のシュラフはこんな感じ

重さはなんと600g、伸縮素材をふんだんに使っており、中綿は高級なグースダウンを使っているので寝心地は最高です。


・湯たんぽを使う
湯たんぽは元禄時代から使われている非常に歴史のあるものです。今の時代は暖房設備がしっかりしているので使うことはありませんが、キャンピングカーではとても重宝されるようになります。今回紹介する湯たんぽはやかんでお湯を沸かしてそれを湯たんぽの中に入れて使うのではなく、湯たんぽごとガスコンロやIHで直接加熱することができるのでやけどの心配もなくわずらわしさもありません。また、湯たんぽの中のお湯が冷めてしまったらまた再加熱することで中の水を捨てることなく再利用することができます。水の無駄になりませんし、またお湯をやかんで沸かすこともないのでとてもです。

この湯たんぽが例のガスコンロやIHで加熱できる湯たんぽです。2000円という少し高い湯たんぽかもしれませんが、構造が単純なのでかなりの年月使うことができますし、なによりお湯をやかんから注ぐことがないのでとても楽かと思います。人数分買っておけば足を冷やさずに寝ることができ、頭寒足熱型の暖房器具となっています。昔からあるということもあり、安心して使うことができますね。


・ちょっと反則?カセットガスヒーター
これまでのものは電気やお湯を使うものがありましたが、どちらかというと人間を温めてくれる暖房器具でした。
しかし、灯油やガソリンなどの燃料を使わずに部屋を暖める方法があるのです。それがカセットガスヒーター。キャンピングカーをお持ちの人なら必ず持っているといってもいいカセットガスが燃料となっています。カセットボンベ1本で3時間ほど使用することができ、かなり早く室内を温めることができます。ですが、ガスを使う分注意したほうがいい点もあります。まずは一酸化炭素中毒にならないように換気をするよう気を付けること。カセットガスを燃やすのでそこまで一酸化炭素は発生しないとは思いますが、念のため窓を少し開けるなどして換気をするようにしてください。また、寝る前にはスイッチを消すようにしてください。そうしないと寝ているときに倒れてしまったりして火事になってしまう危険性があります。家の中と違ってキャンピングカーは不安定なので気を付けましょう。バンコンや軽キャン、キャブコンにFFヒーターがついていないが非常に寒い地域に旅行する場合は念のため持って行った方がいいかもしれません。寝る前に30分ほどつけるだけでも快適さが違ってくるかと思います。
価格は7000円~14000円くらいです。FFヒーターをオプションで付けるよりは安いです。


いかがだったでしょうか。冬はあまりキャンプや旅行に行かないからFFヒーターはいらないかなぁとか、そもそもオプションになかった方が冬にキャンプや旅行に行くと、寒くて不快な思いをします。かといってFFヒーターを後付するのは高いし、装備することはできないし・・・といった方にとって今回紹介した情報でFFヒーターなしでも何とかなることが分かったかと思います。数万円の投資で冬でも旅行が楽しめるなら、ぜひ購入したほうがいいですよね。
個人的におすすめなのが、湯たんぽと電気毛布、そしてカセットガスヒーターです。これらがあれば安い布団やシュラフでも快適に寝れること間違いなし!
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング