FC2ブログ

一味違ったバスコン フィールドライフ SEED MC!


こんばんは。
バスコンというと、後部には広いダブルベッドがあり、真ん中にはダイネットがあるというスタンダードなレイアウトを想像すると思います。なぜなら、バスコンはベース車がマイクロバスでドアの位置が固定されており、その分レイアウトも固定されてしまうからです。

ですが、今回紹介するバスコンであるフィールドライフ SEED MCは一味違ったレイアウトのバスコンとなっています。
バスコンにしかない圧倒的な走行性能と運転のしやすさ、そして車内スペースの広さはそのままにオリジナリティあふれるキャンピングカーに仕上げています。
では、このフィールドライフ SEED MCはどのようなバスコンになっているのでしょうか。
gal_main_2016101221050079a.jpg
このフィールドライフ SEED MCはベースとなる車が三菱ローザです。バスコンのベース車といえばトヨタコースターですが、実はコースターは三菱ローザと比べてモデル自体が古いです。そのため、三菱ローザのほうが排気量が小さいのにパワーはあまり変わらないです。その分燃費もいいですし、自動車税もお得になります。
ボディカラーもオプションとはいえなんと38種類から選ぶことができるのです。こんなボディカラーが豊富な車はほかにはほとんどないですね。
トランスミッションも新しく、小型バス唯一のマニュアルモード付のデュアルクラッチトランスミッションを採用しています。燃費はいいですし、山道走行時の変速が自由自在です。
13.jpg

さて、次は内装にまいりましょう。
02.jpg
この写真を見て気づいた方もいるかもしれませんが、対面式ダイネットがありません!また、後部にあるはずの常設ベッドもありません。内装色は普通ですが、シートはなんと緑色です。いろいろ気になる点がこの写真から湧いてきます。

07.jpg
まずはこの緑色のシート。電車のシートなどに使われているモケット素材でできており、夏は蒸れず冬は暖かい、そして電車に使われるくらいですから耐久性が抜群です。実はこのモケット素材は高級素材として認知されており、昔の馬車などは貴族が座る椅子は必ずモケット素材を使っていたそうです。
それくらい良い素材をこのフィールドライフ SEED MCは使用しています。

02 (1)
次はこの前を向いている一人掛けシート。今までのキャンピングカーにこんなにしっかりとしたシートがあったでしょうか。
これなら走行中でもVIPのようにくつろぐことができます。もちろん、停車時にもゆったりと過ごすことができますね。

08.jpg
このフィールドライフ SEED MCの大きな特徴の一つである大きなフリールーム。
カセットトイレを設置することができないのが残念ですが、ポータブルトイレを置くだけでもかなりの広いトイレ空間になります。
しかし、このフリールームをトイレスペースにするのはもったいない。ゴルフバッグやスキー板、スノボーの板などなど、大きなものを収納するスペースにもなります。また、着替えも容易なくらい広いので着替えスペースとしても使うことができます。これくらい広いと様々な使い方があるので非常に有用な装備ですね。

10 (1)
キッチンは正直通常のキャンピングカーと変わりません。通常よりは少しゆとりがあるかなぁ程度です。ただ、カセットガス仕様でガスコンロは独立していますし、シンクも大きめなので使いやすいことは間違いありません。

08_2.jpg
オーバルヒートシステムというものを採用しているため、ある特定の場所が暑くて他の場所が寒いということはあり得ません。幅広く暖房が届くような素晴らしいシステムを採用しています。

08_3.jpg
逆に夏はルームエアコンが搭載されているので非常に快適です。
このフィールドライフ SEED MCであれば夏でも冬でも快適に過ごすことができるのです。

キャンピングカーショーに行った際に実車に入ったのですが、あまり装備がないためか開放感のある車内だったという印象がとても強かったです。モケット素材の座り心地もとてもよく、ソファーベッドのようにゴロンと寝転がって寝たいくらい心地良かったです。

標準装備はたくさんあり、1500WインバーターやFFヒーター、ルームエアコン、冷蔵庫、などがあります。FFヒーターとルームエアコンが標準装備であるというだけで快適なキャンピングカーライフを送ることができそうです。
オプション装備としては、TV24型9万、ソーラー145w20万円、バックカメラ4万円、ポータブルトイレは2万前後、ナビ21万円などとなっています。
標準装備がとても充実しているため、オプション装備はTVとバックカメラ、ポータブルトイレ、ナビくらいかと思いますので合計で32万円程度となります。車両本体価格が947万円ですので、1000万円弱となります。
バスコンの中では高額な部類となるフィールドライフ SEED MCですが、先ほど書いた通り標準装備が充実しており、さらにシートはモケット素材を採用していますのでそこまで高すぎるということはありません。
このフィールドライフ SEED MCの欠点としてはまず就寝定員が少ないこと。就寝定員は3名ですので家族利用というのは難しそうです。その分乗車定員は9名ととても多くなっているので、子供が自立した夫婦で所有したり、法人利用などが考えられると思います。個人的には、夫婦で使用するのが最も良い選択かなと思っています。その際には一人掛けシート争いが起こってしまうと思いますが。

いかがだったでしょうか。
あまり見たことのないレイアウトを持ったバスコンであるフィールドライフ SEED MC。家族利用は難しいですが、セミリタイアした夫婦で利用するならこれほど適切なバスコンはないかと思います。ゆとりのあるレイアウトとなっているため非常に広く感じることでしょう。空調システムもとても充実していますし、ベース車も最新型で快適です。
ぜひフィールドライフ SEED MCを選択肢に入れてみてください。

写真はフィールドライフより引用しました。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村