FC2ブログ

まるで動くオフィス。 キャンパー鹿児島 BOSS!


こんばんは。

キャンピングカーメーカーのキャンパー鹿児島といえば、有名なのがリチウムイオンバッテリーのKULOSですね。
これは以前の記事で書いた国内最高峰のリチウムイオンバッテリーです。このKULOSについて知りたい方はコチラをご覧ください。

こういったリチウムイオンバッテリーの技術に定評のあるキャンパー鹿児島ですが、リチウムイオンバッテリーだけでなくバンコンを製造しています。
その中でも今回紹介するのはBOSSというキャンピングカーです。BOSSというとコーヒーを連想しますが、コーヒーとは全く関係ありません。ただ、ロゴは心なしかコーヒーのボスをイメージしている気もします。これは気のせいかもしれませんが。

このBOSSはFirst class premiam carをイメージした車で、ビジネスとプライベートが同居するプレミアムスペースというキャッチフレーズがついています。
文章だけではわからないと思うので、写真を使いながら見ていきましょう。
32.jpg

このBOSSですが、ベース車はハイエーススーパーロングです。そのため、長さは5.38m、幅が1.88m、高さが2.28mとバンコンの中では大柄な部類に入ります。
乗車定員が5名、就寝定員が2名ということで家族連れをメインとしたキャンピングカーというよりは、1人または2人をメインとしたキャンピングカーとなっています。

33.jpg
それもそのはず、なんと室内にはこのような非常に豪華なオフィスチェアーが装備されています。ライトもデスクライトでこれだけ見ると社長室にいるかのような気分にさせてくれます。
このオフィスチェアーですが、レッドとブラックがあり、ブラックだと

28.jpg
こういった雰囲気になります。どちらの色もとても魅力的で、レッドだと暖かみのあるスペースとなり、ブラックだとシックでスタイリッシュなスペースとなります。個人的にはレッドのほうが色気があって好きです。

このような写真を見ればなぜ就寝定員が2名しかないのかがなんとなくわかってきたかと思います。このBOSSは寝るためのキャンピングカーというよりは、室内でゆっくりとくつろいだり仕事をしたりとプライベートな空間を起きて過ごすためのキャンピングカーとなっています。
そのため、冷蔵庫も40Lの大きさですし、ノートパソコンを無理なく使えるよう1500Wのインバーターも標準装備してあります。
シンクは水はねがしないよう丸くて深くなっており、快適に過ごせるよう様々なところに工夫がなされています。

20_20161013225101a3f.jpg

09.jpg


19.jpg
気になるのがベッドスペースだと思いますが、このようにダブルベッドくらいの大きさとなっています。何泊もBOSSの中で過ごすというよりは、土日などにふらっと出かけて自分の好きなところでゆったりと過ごすのが向いていますね。集中して読書したり、仕事をしたりなど使い方は様々です。
ダブルベッドくらいの大きさということもあり、大人二人で寝るのが限界だと思います。そもそも、このようなプライベート空間に3人以上で過ごすのは使い方として間違っている気がします。

36.jpg

21.jpg
全体像としてはこういった形になっています。車内の前側にはオフィスチェアーがおいてあり、後部にベッドがあります。そして、その中間あたりには豪華とはいえませんが、スタイリッシュな2人用のソファがついています。オフィスチェアーとの格差がかなりありますので、やはり個人的にはこのキャンピングカーは一人用なのではないかなと思っています。

次に標準装備です。
キャンピングカーということで、遮音断熱処理がしっかりとされており、サブバッテリーは2個装備し、外部充電も可能となっています。先ほど書きましたが、1500Wインバーターも標準装備で、ベンチレーターや冷蔵庫も標準装備です。
オプション装備は窓用断熱フィルム(6万4800円)、FFヒーター(20万3040円)、バックカメラ(4万円)、サイドオーニング(14万円)、テレビ19インチ(5万4000円)、カーテン(6万5000円)、ソーラー(18万円~)となっています。
このBOSSは電化製品が少ないため、ソーラーは必要ないかなと思います。また、使い方としては動くオフィスなのでサイドオーニングはいらないですし、FFヒーターもお金に余裕がない限り必要はないと思います。
ということで、必要そうなオプションは、窓用断熱フィルム、バックカメラ、テレビ、カーテンかと思います。断熱フィルムとカーテンがあればある程度寒さ暑さはしのげるかと思います。
テレビはあったほうがいいですね。情報をいち早く入手できる手段なので。

気になる車両本体価格ですが、580万円となっています。う~ん、1人用として考えると高いかもしれません。
運転手を雇えるような地位の方であれば、こういった車を買って移動するオフィスとして使うというのもありですね。ベースはハイエースなので走行距離が多くなってしまっても問題ありませんし。

もしお金に余裕があるならば、プライベート用として購入すると非常に有益な時間を過ごすことができるかと思います。景色の綺麗で静かなところに停車して、そこでゆったりと読書をする。これほど文化的な時間の過ごし方はないと思います。

いかがだったでしょうか。
かなり尖ったキャンピングカーなので万人向けとはいえません。ですが、このキャンピングカーが魅力的だと思ったら他にこんなキャンピングカーはないのでぜひ購入を検討するとよいかもしれません。鹿児島に旅行に行くついでに遊びに行って試乗してみるのも手かと思います。
こんなキャンピングカーに乗って、1人で日本1周などしてみたいですね。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング