FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイナーな存在だけど、コアなファンには人気!、トラキャン!


今回はトラキャンについて書きたいと思います。トラキャンはトラックキャンパーの略で、トラックの荷台にキャンピングシェルを載せたものです。アメリカではメジャーなキャンピングカーのジャンルですが、日本では本当にマイナーなジャンルです。ですが、アメリカンな雰囲気が非常に漂い独特な雰囲気になるため、コアなファンには人気になっています。
このトラキャンを作っているメーカーはMYSティックのみということでやはり珍しい存在だといえます。
アメリカの大きなピックアップトラックに載せるほか、日本製の普通トラックに載せたり、軽トラに載せたりなどバラエティはあります。
MYSティック ランス
※MYSティックより引用しました。

では、このトラキャンのメリットデメリットはどうでしょうか
メリット
キャンピングシェルに対して税金が全くかからない。
どんなに大きいキャンピングシェルを買ったところで、それに対する税金は全くかかりません。ただの荷物としての扱いなので、タイヤ交換も必要ないですし、車検に通す必要もありません。
維持費に関してはトップレベルの安さです。

バンクベッドが非常に広く、快適に寝ることができる
トラキャンの特徴として、バンクベッドが他のキャンピングカーに比べて圧倒的に広いです。
大人二人で本当にゆったりと寝ることができます。そのため、寝る場所とくつろぐ場所を分けることができ、ベッドメイキングをするという面倒さからは解放されます(大人2人、子供1人でも一緒に寝ることができます)

スタイルがよく見える、注目される
トラキャンを買う理由としてはこれが一番だと思います。
大きくかっこいいピックアップトラックに乗り、旅行に行くときには荷台に積んで旅行に行き、ただの買い物のときには荷台から外して大量の買い物をする(大量に買い物をするのは人それぞれですが)といった、アメリカ人のような生活を体験することができます。

オフロードも走れる
もともとピックアップトラックはオフロードで走れるように作られたものなので、悪路における走破性はほかのキャンピングカーと比べればかなり高いです(この悪路走破性が役立つのは異常気象のときでしょうか)
それでもいざというときに悪路を走れるというのは魅力的ではないでしょうか。オフロード好きならさらに魅力的!

次にデメリットです

そもそも、ピックアップトラックが新車で売っていない
トラキャン用のキャンピングシェル(荷台に載せるほう)はMYSティックで新車購入することができますが、ピックアップトラックのほうは新車で販売されていません。
手に入れる方法としては、中古車で購入するか、アメリカから逆輸入するかの2択になってしまいます。
また、日本向けに製造されているわけではないので、故障しやすいかもしれません(これは日本車と比べて故障しやすい傾向にあるというだけで、とても頻繁に壊れるというわけではありません)
どちらにしろ、日本の正規ディーラーでは修理したりメンテナンスはしてくれないので地元の板金業者を自力で見つける必要があります。
もし地元にピックアップトラックに強い業者があれば、安心して購入することができます。
軽トラや日本の普通のトラック(いすゞや日野などの小型or中型トラックなら新車購入できますし、メンテナンスもやってくれて壊れにくいですよ。ただ、乗り心地はただのトラックですし、見た目もただのトラックなのでおすすめはしません。

走行中は乗れない
トラキャンは荷物(貨物)扱いなので、走行中に乗ることはできません。トイレに行きたくなったりしたらいったん停車してから用を足す必要があります。
そもそも、キャンピングカーというものは走行中は調理できませんし、ベッドで寝るのは危ないし、トイレで用をたしたらいろいろ危ないのでそこまでデメリットであると私は感じません。

ピックアップトラックは1年車検で、高速道路は中型料金です
ピックアップトラックは貨物車という区分になるので中型料金になります。また、自家用とはいえトラックなので車検は毎年になります。しかし、貨物車というのは税制面でメリットがあり、重量税は10000円~16000円、自動車税は8000円~11500円と安くなっています。下手したら通常のキャンピングカーよりも安く済んでしまう可能性も高いです。
1年車検は面倒ですし、高速道路に多く乗る人にとってはデメリットだと思うので、今回はデメリットとしてあげました。

車内はそこまで広くない
日本で運転できるようなトラキャンを選ぶと、キャブコンと比べてとても狭いです。アメリカ製を逆輸入し、MYSティックで販売されているLance865ではない限りトイレはないですし、キッチンは簡易的なもの、冷蔵庫や電子レンジといった家電製品を置くスペースは正直そこまでありません。冷蔵庫を導入したら、その代り電子レンジはあきらめるなどのことが生じてしまう可能性があります。
ただ、走行中は乗用車(ピックアップトラックなので少し乗り心地は悪いかな・・・。)なのでスピーカーやエアコン、安全装備は非常に充実しています。走行時の快適性はかなり良いものであると思います。

小回り効かない、大きい
大きさはマイクロバス並みですが、小回りは全く聞かないと思ってもよさそうです。アメリカ製の車なので最小回転半径はわかりませんが、参考として復刻されたランドクルーザー70ピックアップの最小回転半径は7.2mです。
細い路地などはもちろん、小さなレストランやマイナーな観光地(駐車場が小さい)ところにはいくことが難しいと思ったほうが良いです。

外したり載せたりするのが面倒
外したり載せたりが自由自在なのはメリットですが、ある程度広いスペースがないと難しいです。慣れてくれば15分ほどで脱着が完了するようですが、慣れるまでは大変かもしれません。ずっと載せっぱなしなら全く問題ありませんが。

こういった形で、デメリットの方が正直目立ってしまうトラキャンですが、カッコよさに惚れてオーナーになった方がたくさんいます。
日本で買えるのはMYSティックだけですので、ここのメーカーを例として紹介します。今回紹介するのはそこまで大きくない、そして去年に販売終了されてしまったトヨタランドクルーザー70ピックアップに重点を置いたトラキャンです。

トラキャン エクステリア
ベース車はランドクルーザーなので、悪路走破性はぴか一です。どんなところでも安全に行くことができます。
今は新車販売していないので中古車で買うしかできないですが、トヨタのディーラーにてメンテナンスや修理をしてくれるのでご安心を。
トラキャン インテリア1
トラキャン インテリア2
※どの写真もMYSティックから引用しています


こちらがインテリアになります。
調理はほとんどできず、トイレもありません。買ってきた弁当を食べたり、お酒やジュースを買ってきて飲むというのがここのスペースの使い方ではないでしょうか。
バンクベッドのほうはキャブコンと比べて高さがあるので圧迫感を感じずになることができますね。

価格のほうですが、荷台のキャンピングシェルはオプション入れて280万円程度、ランクルのほうは中古車で400万円くらいです(走行距離1万km程度、年式は2015年)

スタイリッシュなキャンピングカー生活を送りたい方にはぜひぜひトラキャンをお勧めしたいところです。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。