FC2ブログ

日本最強のオフロードカーとキャンピングカーの組み合わせ



こんばんは。

日本最強のオフロードカー(クロカン?)といえば、双璧をなすのがジムニーランドクルーザーだと思います。
そしてランドクルーザーの中でも、世界中でオフロードカーとして大活躍しているモデルはランドクルーザー70という車で、現在もオーストラリアといった悪路の多い国において販売されています。

このランドクルーザー70(以降ランクル70)は日本でも販売されていましたが、2004年に販売が終了してしまいました。
しかし、その後も世界中で販売され、少しづつ進化をしていました。根強いランクル70ファンからの要望もあり、2014年から2015年にかけて限定で再販されることが決まりました。目標販売台数を大幅に上回る受注があったそうです。

話をキャンピングカーに戻して、キャンピングカーの種類の一つとしてトラックキャンパー(通称トラキャン)というものがあります。アメリカではピックアップトラックの文化があるのでメジャーな存在ですが、日本や欧州ではほとんど見られない珍しいキャンピングカーです。

そのトラキャンにランクル70専用のモデルがミスティックというキャンピングカーメーカーで用意されています。
一応、トラキャンのページにおいて以前紹介したことがあるのですが、今回はランクル70専用のモデルに絞って書きたいと思います。
トラキャン エクステリア

こちらがランクル70とトラキャンのシェル(JキャビンL)の組み合わせになります。
世界で認められた車ということもあり、安定感は非常に優れているようです。ランクル70の実車を見たことがありますが
、鉄板の厚さや車高の高さなどとにかく強くて壊れなさそうというイメージでした。


トラキャン インテリア1

トラキャン インテリア2

内装はこのようになっており、就寝定員が4人〜5人、給排水タンクは各10L、サブバッテリーが105A一つ、そして断熱処理が天井は40mm、その他25mmもあるので断熱性にも優れています。
就寝定員が4人〜5人というのは意外だと思う方がいらっしゃると思いますが、バンクベッド部分が他のキャンピングカーと比べて非常に広く、3人程度は寝ることができます。そしてダイネットベッドに2人寝ることができるので4人〜5人というわけです。
これといった快適装備はないかもしれませんが、快適に寝ることができれば大丈夫という方にとってはシンプルで故障も少ない魅力的な仕様だと思います。オプションでFFヒーターがあるので、それをつければ冬でも快適に寝ることができますね。

値段は252万円ほど、FFヒーターをつければプラス約22万円となります。
それではランクル70の値段はというと、現在は中古車しか売られていないので300万円から400万円ほどです。しかも、中古車は20台ほどしか販売されておらずプレミア感が出てきています。買うなら今でしょう。

気になる維持費の方ですが、キャンピングカーシェルはあくまで荷物扱いなので税金はかかりません。車検も必要ないです。
ランクル70は貨物車という扱いなので、自動車税は年間1万6000円、重量税は1万6400円、自賠責保険が24,040円、検査印紙代1800円、合計で5万8240円がかかります。普通車と比べて年間の諸費用は非常に安いことがわかります。
ただし、高速道路は中型車扱いになるので1.4倍になることと、車検が毎年になるということがデメリットとなります。

アメリカから逆輸入するとたとえトヨタ車であってもディーラーで整備などはしてもらえませんが、ランクル70は正式に日本で販売されている車なのでディーラーで整備などを受けることができます
中古車として売る場合も、もしかしたら買った値段と同じかそれ以上の値段がつく可能性があります(あまりにも貴重な車なので)

ただし、この万能そうな車にも欠点があります。

・MT専用であること
ATばかりの世の中ですが、この車はMTです。マニアにとってはいいかもしれないですが、普通の人にとってMTの運転は少し面倒ですし、緊張します。

・快適装備は皆無
同じ価格帯の車には高性能なナビや、スピーカー、クルーズコントロールなどの快適装備があるはずですが、この車にはありません。ナビはありますが。
また、極力無駄なものを廃しているので静音性もよくないです。乗り心地も重視していないので、正直よくないです。自分は少し酔いました。。。

・燃費が悪い&取り回しが悪い
燃料タンクは130Lもありますが、リッター5kmくらいなので現代の車としてはかなり悪いです。全長は5270mmもあり、最小回転半径は7.2mとかなり大回りな車となっています。都心部では少し乗りづらく燃費も悪いです。


このキャンピングカーが向いている人

災害時の一時避難場所としてのキャンピングカー購入を考えている方
自宅であっても、旅先であっても大災害に巻き込まれるリスクというものは当然ついてきます。その際、このキャンピングカーであればかなりの悪路を走破することができるのでとりあえず安全な場所まで行って一時避難場所として使うことができます。燃料タンクが130Lもあるというのは魅力的で、アイドリングであればかなりの時間ガソリンが持つと思います。
ランクル70はかなりアナログな車なので故障しにくく、かつ故障しても自分で直しやすいです。緊急時だからこそ、自分で直すことができるというのは大きな強みだと思います。
キャンピングシェルを外せばトラックとしても使えるため、シェルを安全な場所に置いておいて、ランクル70のみで物資を取りに行くということも可能です。大量に荷物を運べるので他の人の分も取りに行けますね。

あと向いている人はランクル70ファンの人ですかね。そういう人はすでに所有していそうなので、追加でキャンピングカーシェルを購入すればすぐにキャンピングカー生活をすることができます。

個人的に、大災害時の一時避難場所としての使い方にランクル70は非常に合っていると思います。最強の悪路走破性といい、壊れにくさといい、シェルを外せば最高の輸送能力を持っているといい、そして130Lという桁外れの燃料タンク容量。持っているだけでもすごい安心感がありますね。

いかがだったでしょうか。すでに所有している方、感想をお聞かせください。個人的にかなり気になっているキャンピングカーの一つなので。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

人気ブログランキング