FC2ブログ

キャンピングカーとRECARO


こんにちは。

キャンピングカーは普通車のように買い物や短距離の送迎などに使わないので、基本的に長時間運転することが多い車です。

また、キャンピングカーはどうしても商用車ベース(トラックやバン)になってしまうため、シートのつくりは悪いですし、乗り心地も悪いので長距離運転はかなり体に負担になってしまいます。

乗り心地を良くするためには、乗り心地の良いベース車を選んだり、サスペンションを変えたりなどするという選択肢がありますが、それでも改善が認められない場合はシートを変えるという選択肢があります。

今回は、RECAROシートについて書きたいと思います。

レカロ
レカロシートは、様々なスポーツカーに純正で装着しているものもあり、非常に信頼性の高いシートです。
レカロシートというと、バケットシートのホールド性の高さのためスポーツカーに乗る人や、サーキットに行く人が購入するシートだと思われがちですが、腰痛予防のためのシートも発売されており、評価も非常に高いです。

私は友人の車(コペン)を運転させてもらった際にレカロのスポーツシートに座ったことがありますが、友人と体格がほとんど同じということもあり、ホールド性は非常に高かったです。カーブを曲がっている時は体を固定しなくてもいいので楽でしたし、そこまで長距離は運転しませんでしたがとても快適でした。オプションで装備されていたシートヒーターも心地よく、体を温めてくれて少し眠くなってしまったくらいです。

レカロシートのラインアップとしては、競技用のフルバケットシートから、公道でも使えるバケットシート、スポーツシート、そして腰痛予防のシートがあります。
よっぽどレーシング仕様のレカロシートが好きではない限り、スポーツシートか腰痛予防のシートが向いていると思います。
実際、キャンピングカーに取り付けている人のページを見てみると、スポーツシートが3割くらい、腰痛防のシートが残り7割となっています。

腰痛予防シートはエルゴノミクス&コンフォートシートと呼ばれており、人間工学と整形医学の見地から研究開発されたシートのようです。
値段はシートヒーターがないもので10万円から、フラッグシップの34万円のものまでかなり幅があります。シートは体にフィットしなければならないので、高いからといって自分に合うシートかどうかわかりません。

レカロシート


そのため、レカロ販売店情報から自分に合ったシートを実際に座って見つけてください。シートは本当に個人差があると思うので、自分がこれだ!と思うシートを実際に座って選ぶべきだと思います。

値段が張るものであることは確かですが、それ以上に長時間の運転の苦痛が和らげられることを考えれば良い投資だと思います。
運転席だけでなく助手席もレカロシートにすれば助手席の人の疲労も軽減できるはずです。その際には、助手席に乗せる人も一緒にレカロシートの試乗をすべきですね。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村