FC2ブログ

車椅子+キャンピングカー=?

こんばんは。

キャンピングカーというと、車中泊で好きな場所に宿泊することができるというのが大きなメリットですよね。
止まった場所が宿泊場所なので、星が綺麗だけどホテルまで遠い場所であるとか、海の音が聞こえる綺麗な場所であるとか、可能性は広がります。

そういうメリットもありますが、キャンピングカーはこういった人にも向いているよというキャンピングカーを発見したので書きたいと思います。

そのキャンピングカーとは、バリアフリーのキャンピングカーです。
現代はバリアフリー化が進んできていますが、車椅子を使っている方にとってはまだ完璧とはいえません。
車椅子のまま食事することができる飲食店はそこまで多くないので気を使います。
特に旅行中のトイレが問題です。あらかじめ車椅子対応のトイレを調べておけば良いかもしれませんが、いつトイレに行きたくなってしまうかわからないので全ての場所を調べておくというのは非常に難しいです。
トイレに行きたい時に行けないかもしれないというのはとても不安です。

ですが、車椅子で車内を移動できるようにしたキャンピングカーであれば、問題ありません。
さすがに軽キャンでは難しいですが、バンコンにおいてこのようなバリアフリーのキャンピングカーは発表されています。また、キャンピングカーメーカーは福祉車両を取り扱っていることが多いためバリアフリーのキャンピングカーを製作するノウハウを持っていることが多いです。キャンピングカーはオーダーメイド感覚で作りやすいモノなので、そこもバリアフリーのキャンピングカーを作りやすい利点でもありますね。

バリアフリーのキャンピングカーは車椅子のまま乗車でき、そのままトイレに行ったりキッチンで調理できるようなキャンピングカーであれば気軽に旅行に行くことができます。
live.png
バリアフリーのキャンピングカーを調べてみると、ケイワークスというメーカーが製作していました。
その名はLiveです。車椅子用のスロープはもちろんのこと、車椅子のまま車内を移動でき、ギャレーでは洗い物をすることができます。100v電源もついているので吸痰器を使うこともできます。(吸痰器は寝たきりになってしまった方の必需品だそうです)
トイレがないというのが難点ですが、通常の福祉車両よりもずっと使い勝手が良く、旅行にも向いています。
ケイワークス

もしトイレもつけたいという方がいるならば、オーダーメイドを行なっているカトーモーターRVランドにお願いすると良いと思います。その際、ベースとなるのはやはりサイズの大きいキャブコンやバスコンをお勧めします。

ちなみに、キャンピングカーの進んでいるアメリカでは車椅子対応のキャンピングカーをレンタルすることができます。
もしかしたら日本で旅行するよりもアメリカでバリアフリーのキャンピングカーを利用した方が安心して旅行を楽しめるかもしれませんね。(飛行機の問題はあるかもしれませんが・・・。)
Travel depot
というHPに掲載されています。アメリカやカナダ、アラスカは国土が広いからというのもあるかもしれませんが、車椅子対応のキャンピングカーがあるなんて素晴らしいですね。

バリアフリーのキャンピングカーを使えば車椅子の方も旅行を楽しむことができます。自分の家族や友達が車椅子生活になってしまったとしても、自分と同じくらい旅行を楽しめるというのは非常に魅力的だと思います。

キャンピングカーに興味がある方は、そういうキャンピングカーもあるということを知っておくと良いかもしれません。
関連記事

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

ぽん

Author:ぽん
親戚のおじさんのキャンピングカーに乗せてもらってから大のキャンピングカー好きになりました。キャンピングカーに関する情報はネットだと断片的なので、それを網羅できるブログを目指して頑張っています。なるべく見やすいように、読みやすいように色々試行錯誤していますので温かく見守ってください。
参考になった記事は是非拍手をお願いします!

スポンサーリンク

最新記事

ブログランキング

参考になった方は クリックお願いします! にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村